女の人

アントシアニン効果で目の疲れを癒やそう|サプリメントで健康を保つ

目によいと知られています

ブルーベリー

疲れ目や視力低下に良い

ブルーベリーは目によい果物として知られていますが、その理由はロドプシンという網膜に含まれる物質に、ブルーベリーの色素成分でポリフェノールの一種アントシアニンが作用するためと言われています。ロドプシンは、視力を保つとても大切な物質で、光の刺激を受けると分解と再合成を繰り返し、脳に情報が伝わります。老化や長時間パソコンの画面を見続けるなど、目を酷使しすぎると、再合成が間に合わなくなり、疲れ目や視力低下を引き起こします。アントシアニンはロドプシンの再合成を助ける役割を担っています。そのため老人性白内障の進行抑制や糖尿病性網膜症の治療などにも利用されています。また、葉に含まれているクロロゲン酸には、高い抗酸化作用が確認されていて、がん予防や生活習慣病予防に効果が期待されています。

種類によって違います

ブルーベリーはコケモモ属のベリー類の総称で、いくつかの種類があり、食用として各地で栽培されています。ヨーロッパではハーブとして昔から利用されています。最近はサプリメントや冷凍食品が増えて手軽に摂取できるようになりました。目の健康維持に役立つことは知られていますが、種類によって効能に違いがあります。ジュースやジャムやお菓子などで食べる品種とサプリメントで使われる品種は異なります。医療品やサプリメントの原料として使用されているのは、ブルーベリーの中の一品種ビルベリーです。ビルベリーの果実は中まで色素が詰まっていて、太陽の光を受けてアントシアニンを作り出します。ビルベリーのアントシアニンの含有量はブルーベリーの約5倍あります。